フィルターと水の温度で新体験レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーは焙煎の方法、珈琲豆の種類、ドリップに使う水の温度、フィルターに使う素材で風味が決まります。
この中でも最も手軽に風味を変えられるのが、水の温度とフィルター素材です。

最も一般的な方法は、70~90度ほどの熱湯でドリップします。

すると珈琲豆が持つ香りと苦味、酸味などがバランス良く抽出され、深みのあるコーヒーを楽しむことができます。
グラグラと煮え立ったお湯を注いでしまうと、苦味などの成分まで一気に抽出されてしまうため、バランスが悪くなります。
また、温度が低すぎると抽出するのに時間かかる上に、コーヒー独特の香ばしさを感じられません。



そのため、お湯を沸かしてボコボコと沸騰し始めたら火を止めて、ボコボコと沸えた泡が消えるぐらいを目安にしましょう。

お湯を注ぐときには「の」字を描くようし、お湯を入れたら20秒ほど放置し蒸らします。
これを3回ほど繰り返すと美味しいレギュラーコーヒーの完成です。



フィルターでも風味が変わります。
ペーパーフィルターと布を使ったネルフィルターがありますが、ペーパーフィルターは珈琲豆が持つエグみを除き、ネルフィルターでは風味全体に角の取れたまろやかな風味を楽しめます。

最近では、水出しレギュラーコーヒーが注目されています。

コーヒー豆を市販されているお茶パックに入れ、水の入ったボトルに入れるだけです。

毎日新聞についての情報を簡単に探すことができます。

水から抽出するため約3~8時間ほどかかりますが、カフェインが少なくコクのあるレギュラーコーヒーを楽しめます。レギュラーコーヒーをもっと楽しむなら、水やお湯の温度、フィルターを変えてみましょう。