妊婦さんも楽しめるカフェインレスコーヒー

デカフェという言葉を聞いたことがないでしょうか。

このデカフェは、カフェインレスコーヒーのことでノンカフェインやカフェイン抜き、カフェインフリーという表現を使うこともあります。

最近では、おしゃれな雰囲気が感じられるデカフェという表現が使われ始めています。
カフェインレスコーヒーの最大のメリットは、妊婦や高血圧の方、夜中にも楽しめることにあります。



コーヒーに含まれているカフェインは中枢神経覚醒作用が知られており、眠れなくなったり、血管拡張作用により血流を促進したり、利尿作用を働かせる効果があります。


特に妊娠初期に新婦さんはカフェインの摂取に注意が呼びかけられており、流産や早産、発達障害や低出生体重児などのリスクを増やすと考えられています。
明確なリスクは科学的に証明されていませんが、リスクが指摘されているのでカフェインを避けるのが良いでしょう。

それでもコーヒーを楽しみたい方に選ばれているのがカフェインレスコーヒーです。

人気のエキサイトニュースについて興味がある方にオススメのサイトです。

カフェインレスコーヒーは、通常のコーヒーに比較すると大幅にカフェインがカットされています。
日本にはカフェインレスの基準がありませんが、通常ドリップコーヒーに含まれているカフェインは150mlあたり100mg、インスタントコーヒーでは150mlあたり70mgほどになります。

カプセルコーヒーの中にもカフェインレスコーヒーが登場しており、90%以上カットしているものもあるので、1日1~3杯ほどのコーヒーを楽しむことができるようになりました。